製造工程

一枚一枚のひものに丹誠込めて、旨味を活かすひもの作りを行っています。

仕入れ

仕入れのイメージ写真
国産の魚を旬の時期に

使用する魚は、魚種ごとに旬の時期に一年分を仕入れています。365日いつでも旬の味をお届けできるよう業務用の冷凍庫(約-35℃)で凍結させ保存します。

解凍

解凍のイメージ写真
解凍は塩水の井戸水で

解凍には井戸から汲み上げた、海水と同じ塩分濃度の塩水を使用しています。塩水による解凍は、魚の鮮度を保ちイヤな臭いを防ぐ効果があります。

開き

開きのイメージ写真
確認しながら手開き

余分なものを洗い流すために、平らに並べた状態でジェット洗浄。さらに塩水で軽く洗い流し、豊かな風味を逃がすことなくきちんと洗浄します。

洗浄

洗浄のイメージ写真
雑味をなくす洗浄

開いた際に残ってしまう余分なカス等を取り除くために、井戸から汲み上げた塩水できれいに洗い流します。

漬け込み

漬け込みのイメージ写真
真塩だけの自然な味

沖縄の真塩100%で作った塩汁(しょしる)は、約25年注ぎ足しながら使用しています。魚種・魚体により塩度、漬け時間を変え最高の仕上がりを目指します。

乾燥

乾燥のイメージ写真
天日に最良な11月の気候

天日干しに最も適した11月の気候とほぼ同じ状態にセットした、涼風除湿乾機で魚を乾燥。一般的な熱風乾燥に比べ自然な仕上がりになります。

冷凍

冷凍のイメージ写真
ムラ無く1枚ずつ凍結

セイロに干したまま一枚ずつバラ凍結させることにより、一括凍結に比べ均一な凍結ができます。また一枚から販売出来るのもバラ凍結を行っているためです。。

おいしいひものの食べ方
ページトップへ